鬱になった秘書のブログ

秘書@鬱療養中

デスクが散らかっている人って…

会社の事を思い出すのも気が引けていましたが、久し振りに会社のホームページを覗いてみました。
株主総会が終わり、役員人事がどうなっているのかと気になったので。

以前から耳に入ってはいましたが、秘書として担当していたお二方の内、お一人が退任されていました。分かってはいましたが社長はそのまま。(どこかで何かを期待している自分が居た)…

きっと近い内に、私の席の真後ろにある2つの部屋を仕切る、真ん中の壁が取っ払われて、大きな1つの部屋になるのでしょう。

広くなった部屋で、打ち合わせデスクが大きくなったとしても、きっと書類や冊子の山がみるみるうちに積み重なっていくんだろうな。物を散らかす人って、場所が広くなっても、その分、物を広げていくのはどうしてでしょう。

社長室を整理するのは、秘書の仕事です。とはいえ、担当していたお二人の部屋は、対照的でした。
未確認の、高さ20cm位の山が常に7~8個置かれている社長室。それに比べて、もう1つの方は、ご自分で必要な物は1つに纏められ、未確認事項が溜まる前に、処理されていました。

仕事ができる方って、デスクの上も整頓されているように感じます。ごちゃごちゃのままで帰宅される方を見ると、だらしが無い印象を受けます。


誰しも仕事をする時にはいくつものファイルや書類を出して作業しますが、終えたら所定の位置に片付ける、内容によってはシュレッダーや機密書類boxへ入れる。当たり前の事だと思います。

PCも同じ。
昔、ある先輩に仕事を教えて頂いたときに、まず、ファイルの画面の大きさを綺麗に調整するよう教えて頂きました。
参考にするものを左、作成したり変更を加えるものを右に、一つの画面上で、きっちり左右に見えるように調整しておくのです。

5秒もあれば出来ます。こうしておくだけで、画面が見やすく、余計なものは見えず、捗ります。(初歩的な事かもしれません、すみません。でも私はそれまで、画面の位置や大きさにさほど拘っていませんでした)


話を戻します。社長室、ちょこちょこ片付けるのですが、あまりに散らかるので、出張時などに大掛かりな片付けもします。
すると出てくる、同じ色のペンや、何本ものライターやリップクリームやらゴミ。(付かないペンとかも。勿論まとめて捨てます)

そしてまた、言うのです。
「赤ペンが見当たらないんだよね…何処かに忘れちゃったかな?もう一本くれる?」

はぁ。やっぱ戻るの、無理そうだわ。