鬱になった秘書のブログ

秘書@鬱療養中

真似ではない、良さ

Instagramを見ていると、好きなアーティストや、モデルの真似を公言している人がいます。(オフィシャルアカウントをフォローしている関連で、出てきます…)

でも、そういった男性や女性は、ほとんどの場合、「その人に似ていて格好いい!可愛い!」とはなりません。あぁ、真似してるなぁ、似ていると言われたいんだろうなぁ、とか、正直「残念」という感想にしかなりません。


女優さんを見ていると、さすが自分を素敵にみせるのが上手だなぁ、と思います。必ずしも二重でなかったり、少し色黒だったり、色々な個性を持つ方がいますが、似合う髪型、メイク、衣装、で、それぞれ自分を活かして素敵にみせています。

お手本にするのはいいけれど、その人に似合わない真似をしてもイタイだけです。
全体のバランスを良く、自分の良さを引き出すような清潔感のあるスタイルを心掛けたいと、反面教師的に思います。

ココ シャネルの名言

「シンプルさは すべてのエレガンスの鍵」

など、様々な言葉を残したココ シャネル。今も、コスメやバッグ、ツィードのスーツなど、世界中の女性に人気があります。

見た目が可愛いだけでなく、実用的で、私も、ルージュ アリュールや拡大鏡など、愛用しているものが色々とあります。


また、こういった言葉も残しています。
「香水をつけない女性に 未来はない」

これは、女性であれば、香りに気をつけるべきである、と解釈しています。ただ、香水を付けた方がいいというものでは無く。


そもそも日本人は、西洋人に比べて、体臭がほとんど無いと言われています。(ただし、肉などに偏った食生活をしている場合、体臭があります。)
個人的には、清潔にしていれば、あえて付ける必要もないと思います。香水の香りは、かなり好みが分かれ、かえって公害になることもあるので…


香りを付けるなら、気分を変えたいときなどに、手首を近付けたときに自分だけにほんのり分かるくらいで丁度いいと思います。
エッセンシャルオイルの入った練り香水や、ハンドクリームでも良いと思います。ジョンマスターオーガニックや、マークスアンドウェブのハンドクリームはおすすめです。(ただし、来客のある日には香りのあるものは付けません その手でお茶を出すので。)

ベートーヴェンを聴く

今更ながら、三大ソナタをダウンロードした。聴き比べて、イェネ ヤンドーというハンガリーのピアニストの作品を選んだ。
私が生まれたのと同じ年に録音されたCD。色褪せない。作曲家の思いに、楽譜に忠実に弾いている感じが伝わる。本当に素晴らしくて、さっそく何度も聴いている。

ある発表会のプログラムを見ると、高1の女の子が月光ソナタ(第1、第3楽章)を弾いている。
どんな気持ちで弾いたんだろう…と、思う。
私は中二でショパンの幻想即興曲を弾いたが、ただ先生の言う通りに呼吸し、指を動かし、弾くだけだった。


何年も前だが、のだめカンタービレでピアノの吹き替えを行なったピアニスト、清塚信也さんのコンサートを聴いた。お話もとても面白かったが、彼の弾く幻想即興曲を聴き、「こんなに感動する曲だったんだ…」と驚いた。とにかくせつないメロディが響いて、涙が滲むようだったのを覚えている。今は小山実稚恵さんのCDでこの曲を聴いている。


私はもう指も動かないので、特にロマン派の曲を自分が弾く気にはなれない。開くのはいつも何故か、バッハのインベンションのみ。(昔は苦手だったが、今はこれしか弾く気にならない)

睡眠薬

入院中に飲んでいた睡眠導入剤は、グッドミンという薬でした。
ただし、消灯前には貰えず、消灯後、1時間経ってから、自分で取りに行く(もしくは見回りの際に申告)システムでした。

院内での消灯時間は21時ですが、もちろんすぐに寝付くことは出来ません。イヤホンで音楽を聴いたりして時間を潰し、22時になったらコップを持ってナースステーションへ行きます。
看護師から一錠貰って飲み、部屋へ戻ります。

ところがこのグッドミン、私には効果が本当に弱いのです。ですが1時間開けないと2錠目は貰えないので、また1時間、時間を潰し、23時頃に起きて貰いに行っていました。
2錠目を飲み、またぼんやり過ごしていると、眠気がくることが多いのですが、それでも眠れないときには、さらに1時間開け、ナースステーションへ行きます。
睡眠導入剤は二錠までと決まっているので、この場合は安定剤を貰います。

ですが、この1時間毎に貰いに行くのが面倒で、眠れないままやり過ごす日も多くありました。(そして見回りの際には、寝たふりをします…)
看護師は日中もそうですが、夜勤はさらに忙しそうなのです。ナースコールはしょっちゅう鳴るし(主に閉鎖病棟から)、人数が限られているので、ノックして呼び出すのもかなり気が引けました。


退院後、受診した心療内科では、最初は同じくグッドミンを処方して貰っていましたが、2錠飲んでも寝付きが悪く、寝ても途中で何度か目が覚めてしまっていました。(中途覚醒といいます)

相談したところ、新しくロヒプノールという睡眠導入剤を処方されました。

結果、これは効き目がありました。飲んで1時間もすれば、眠気がやってきて、朝まで目がさめる事もほぼありません。
ごくたまに、考え事が頭の中をぐるぐる回ってロヒプノールでも眠くならない時がありますが、その際にはさらに頓服の安定剤を飲めば、大体眠れます。


その効き目から、ロヒプノールは患者に人気があるようです。また、外見は薄い青色ですが、中身はものすごい青色です。一度、割って驚きました。犯罪防止用ではないかと考えたりしています。

お仕事ネイル

清潔感があるのは、やはりクリアやベージュ、薄いピンクなどのナチュラルなネイルだと思います。

赤や流行のカラーは、仕事では隠れるようにペディキュアにするか、お休みの日に楽しむのが良いかと。(会社の雰囲気によって異なると思いますが)

こまめにサロンでケアをする方は、ジェルネイルも良いと思います。ただ、伸びきっていたり、爪の根元のケアを怠っていると、かえって清潔感が失われます。
また、ジェルを乗せる前に爪に傷を付けるので、爪が薄く弱くなりがちです。
(削らないジェルもあります)


女子大時代、先輩の何も塗っていない足の爪を見たとき、どんなに綺麗な色を塗っていても、素の爪の自然なピンク色の美しさに勝るものは無いなぁ、と感じた事があります。もちろん、きちんとケアをした、素の爪です。それまで、足の爪は特に、ペディキュアをした方が綺麗だと思っていました。


私はピアノを弾くので、爪を長く伸ばした事がありません。(ジェルにしてみた事もありますが、自分ですぐ切ることが出来ないので、辞めました…)
普段は甘皮のケアと保湿をし、時々、レブロンのneil strengthenerを塗っています。手に色もののネイルをしない派としては、今のところ、これが一番自然で綺麗に見えます。ほとんど透明の、ごく薄いピンクベージュで、自然なつやを与え、色の補正をしてくれます。おすすめ。

涙が出るようになった。と、秋の楽しみ

いよいよ暑くなってきた。けれど、体調は、先々月より、先月より、ましになってきている。

先月くらいまでは、お風呂に入るのがやっとだった。入る前に水分補給をし、なるべく疲れないようにさっと済ませても、上がってからは1時間くらいぐったりと休まないといけなかった。今はそうでもない。
泣きたいときに、涙が少し出るようになった。前は涙も出なかった。


体調が良くなってくると、復帰について考える。元の会社に戻るとしても、社長の性格が変わることは無いし、これまで通り、なるべく多くコンタクトを取ってくるだろう。しかも、良かれと思って。何も考えず、無茶な事も軽く言ってくるだろう。

問題なのは、相手が社長という事だ。他の人であれば、人事や他の上司に相談し、きつく注意してもらう事も出来る。
でも、こちらは秘書として給料を貰っている身であるし、社長は会社のトップであり、直属の上司に相談した事もあるけれど、結局、社長に対してはやんわりとオブラートに包んで言うことになるので、本人にはいつまで経っても伝わらない。気がつかない。むしろ本当に、未だに、良かれと思っている。
入院中も変わらず、毎日連絡をした事なんて、本人はとっくに忘れているだろう。もう半年になる。それでも、私は昨日の事のように思い出す。毎日、嫌な気持ちになる。まぁ、病気なんでしょう。


社長でなければ…。現に部長クラスの上司で、平日休日問わずやたら連絡をしてくる人がいたが、業務連絡で無いので無視→LINEブロック→さらにショートメッセージを送ってくる→それも着信拒否で、特に気にならなかった。それでも何か言ってくるようなら、誰にでもすぐに相談し、きつく注意して貰えると分かっているから、気が楽だった。

コンプライアンスの相談窓口は、ある。社員全員に、コンプライアンス研修もしている。でも、その窓口は、今 私が所属している、経営企画室。もう、やっぱり、辞めるしかないのかな…


会社の事を考えると、憂鬱ばかりで、同じ事の繰り返し。
だからというわけではないけれど、一つ楽しみを作った。コンサートの予約をした。
小山実稚恵さんが12年間かけて行っているコンサートの最終公演が、10月にある。その頃には、心身ともに、もう少し、健康であればいいなぁ。

願うのは、日々、心身ともに健康で、働き、衣食住に困らない給料を貰い、時々コンサートに行く。この位でいい。もう、それ以上は望みませんから。

おすすめのパンプス

秘書の仕事って、意外とかなり動きます。特に、役員会議の前なんかは、会議室と役員室を小走りで往復です。

ペタンコだとカジュアル向けになるので、オフィスでは少しヒールのあるパンプスが好ましいとされていますが、高すぎると動き難い。


個人的には、細めの7cmがおすすめです。最も脚を綺麗にみせるヒールの高さは、7cmと言われているそうです。秘書向けに9cmをおすすめしているサイトも見たことがありますが、その方はあまり動かない仕事なんだろうな、と思います。

愛用しているパンプスは、DIANAのle free(ルフリー)というシリーズ。形も綺麗で、他の7cmヒールに比べても、大変歩きやすい。
値段は17000円位で、費用対効果が高いと思います。色々なブランドから「歩きやすい」シリーズが出ていますが、形が今ひとつなものが多い中、ルフリーは断トツ良いです。

私は黒のスムース2足と、ベージュのエナメルを3足所有しています。ベージュ一つは普段は履かず、結婚式などのお呼ばれ用。(所有しているものは全てアーモンドトゥですが、ポインテッドも取扱いがあります)

長持ちしますが、型崩れが気になりだしたら買い換えます。それを考慮しても、妥当で十分な価格です。おすすめ。